Top Page >> Consulting

メニューメール電話

×

  • コンサルティング

    【Consulting】

    「こころ」からのモノづくり|”kokoro” based Creative
  • デザイン

    【Design】

    「日の丸魂」デザイン|“HINOMARU SPIRIT” Design
  • 教育・育成

    【Education】

    「こころ」育成塾|“KOKORO” Juku
  • ビーエフチャンネル|”BF Channel” Channel from You Tube
  • インターネット集客

    【Attract Customers】

    SEO・SEM対策|SEO & SEM Countermeasure
  • 会社案内

    【About US】

    ビートフリークスについて|About ”Beat Freaks”

インターネット集客【Attract Customers】

<page1:今どきの検索ライフスタイル>

<page3:ビートフリークスのWebコンサルティングサービス>

私たちのWeb観によるコンサルティングサービス

自分たちの価値観を堂々と自由に発信するコンテンツづくり

Webサイトの在り方は、その企業の理念にもとづけばどんなWebサイトであったって良いと考えています。
つまり、全ては自由で、どうしなければいけないってルールも無いし、どうすればアクセスやコンバージョンが上がるかって話も、 成果が出た事象の一つであり、全てはリリースタイミングも含めて条件が変われば変動する話で、在り方の本質や完全一致することじゃないと考えています。
もちろん、目的として成果を出すことを設定することは、ビジネスとして投資対効果を計る上で役に立つのですが、 そもそも目的をどう設定するかなんかも自由なワケなので、決まりごと自体がそもそも無いものだと思っています。
今のインターネットユーザー数を鑑みてもWebサイトが無いこと自体が企業の信用に影響するのでは?と不安に思う人もいるのですが、 実際それも本当にどこまで信用が無いのかなんて誰もわからないし、Webサイトが無くてもビジネスをしてる人なんてたくさんいます。
結局は自由なので、得体の知れない不安があるからつくるのも自由だし、そんなに不安じゃないけど、あった方が良いと思うならつくれば良いし、 何をどうつくるか、どこでつくるかも、どう伝えるかも全て自由です。

その自由な世界で私たちがWebサイト作成のお手伝いさせていただくことは何か。
それは、「こころ」から伝わるコンテンツをつくること。

<page2>でも触れていますが、 人であるフォローワーは、発信する人の信念や哲学、情熱や志などの想いに共感してフォローワーになってくれるんです。
そしてこの共感を得たい人のことを、マーケティングではターゲット層という複数形で表現したりしてますが、私たちは層に届けることを推奨していません。
正確に言えば、一瞬で層を動かす共感を得られるような、そんな大それたモノをつくれるわけが無いと思っています。
それは自分自身の人生体験で「こころ」が動いたモノを振り返ってみても証明できると思っています。
感動した音楽や映画はたくさんあるし、好きなスポーツや遊びやビジネスもたくさんあるし、職業のツールとしているお気に入りのPCやスマホも、 どれも私のためにつくられたモノじゃないのですが、つくられたモノを聞いたり、観たり、手に触れたりして、共感はもちろん、感動して涙を流したこともあります。
だから感動ってムーブメントなんだと思います。
つまり、たった1人の「こころ」を動かすためにつくったモノに、フォローワーが生まれ、そのフォローワーの輪が広がり、結果として層になるんだと考えています。

たった1人のために「こころ」をこめてつくること。
言葉じゃ安っぽく感じるかもしれないけど、それがコンテンツ重視時代の本質。
ムーブメントはたった1人のフォローワーから始まり、誰にでも可能性がある。

このサービスをご利用の方は、
このようなことでご相談いただいています。
  • Webサイト作成・システム構築

    参考価格  30万円~

    ※コンテンツ作成・プランニングに関する参考価格となります。

    ※Webサイト作成・システム構築の際には別途デザイン・コーディング費などが必要となります。

  • Webサイト運用・集客・販売計画

    参考価格 3万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

世界を意識したコンテンツづくり

人の数だけ価値観があると私たちは考えています。
また、日本国内で、すでに多くの海外から移り住んでいる人を見かける機会が増えていることに気づいている人が多いかと思います。
例えばコンビニでアルバイトをする留学生を見かけたり、アジア料理店をその現地の人が営んでいたりと、 日本国内で生活をしていて海外の人に全く会わない日を数える方が難しくなってきているのではないでしょうか。
それはつまり、価値観はすでに日本国内の物差しだけで測れるものではなくなりつつあることを意味していると考えています。
何よりもグローバル化が進んでいる証であり、少子高齢化時代(人口・内需減少社会)を迎える我が国は外へ開く方向で進んでいる現れだと感じています。
つまり、既に日本国内に海外価値観による需要があり、日本国内在住外国人だけでなく海外からの観光客も含めて、日本語以外で検索されている市場があるのです。

日本人が海外に行く時や住む時にとっている行動を、日本に来る外国人もとっている。
スマートフォンにより個人がインターネットを持ち歩く時代に求められるモノ。

その時代背景とスマーフォンにより世界中の人の行動が統一されている状況を鑑みると、まさにそこにはグローバルマーケットが存在しており、日本から世界へ、 世界から日本へというように、相互言語環境にて情報は求められていると考えています。
そしてその流れはTPPを待たずして、ニーズの高低も関係なくどんどん配信され、発信者が持っている価値を認めてくれる人とのマッチングや、 新しい価値へ応用したい人とのマッチングがされています。

例え日本国内で衰退と言われるモノや産業でも、世界では新しい価値として認められる可能性や、後継者不足により継承されないかもしれない日本の伝統技術の後継者が海外で名乗りをあげて、次の世代は世界で生き残る可能性ともなる。

ただ、最も肝要なことがあります。
国内Webサイトでも多言語化されたWebサイトはこれまでも作られてきましたが、これからの時代につくらないといけないWebサイトは、 これまでと同様日本語を他の言語に翻訳するだけのWebサイトでは成果が出ないということです。
きちんとGoogleの他言語設定環境にてインデックスされることはもちろん、アクセスしているデバイス(PC or スマホ or タブレット)がどの言語にて動いている のかによって自動で言語を切り替えできるように対応しなければ意味がないということです。
世界中の様々な場所はもちろん、いろんな言語環境でアクセスされることを想定し、 それぞれの国民性をきちんと理解した上でWebサイトを構築することが、これからの時代に求められる多言語対応なのだと考えています。

かつてより海外文化を受け入れて独自の発展をさせることが得意な日本人。
現代を生きる私たちもその精神性を受け継ぎ、これからのグローバルスタンダードをつくっていくことが新しい時代の開国なんだとすれば、 Webサイトはまさに情報の入出国Gateの役割となる。

このサービスをご利用の方は、
このようなことでご相談いただいています。
  • 多言語対応Webサイト作成・システム構築

    参考価格  100万円~

    ※2言語コンテンツ作成・プランニングに関する参考価格となります。

    ※Webサイト作成・システム構築の際には別途デザイン・コーディング費などが必要となります。

  • 多言語対応Webサイト運用・集客・販売計画

    参考価格 10万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

  • 多言語対応Webサイト運用・集客・販売計画

    参考価格 5万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

  • 自社広報・Webサイト担当者育成

    参考価格 5千円~/1時間

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。


PRワンクリックで自社コンテンツが増えて集客までしてくれるニュースキュレーションを導入して差をつけよう!

ビートフリークスのニュースキュレーション導入サービス。 設置費用10万円(税抜)、月額4,980円(税抜)~。

今なら10日間お試し無料!2月末まで 業者選びのコンシェルジュアイミツ

CONTENTS

MESSAGE

どんなに便利で豊かな時代になっても、
無くしちゃいけないものがある。

And even in the prosperous era no matter how convenient,
there are things that must not be lost.

PageTop