Top Page >> SEO & SEM Countermeasure

メニューメール電話

×

  • コンサルティング

    【Consulting】

    「こころ」からのモノづくり|”kokoro” based Creative
  • デザイン

    【Design】

    「日の丸魂」デザイン|“HINOMARU SPIRIT” Design
  • 教育・育成

    【Education】

    「こころ」育成塾|“KOKORO” Juku
  • ビーエフチャンネル|”BF Channel” Channel from You Tube
  • インターネット集客

    【Attract Customers】

    SEO・SEM対策|SEO & SEM Countermeasure
  • 会社案内

    【About US】

    ビートフリークスについて|About ”Beat Freaks”

インターネット集客【Attract Customers】

<page1:今どきの検索ライフスタイル>

インターネット最大の魅力はつながるチカラ。
人と人、企業と企業、商品と人をつなげるロマン。

Internet biggest attraction will lead forces.
Roman that connects people to people,
companies and companies,products and people.

インターネット集客

【Attract Customers】

<page1:今どきの検索ライフスタイル>

人と人の関係性と情報発信側と情報受信側。
インターネットの魅力が浸透した今どきのライフスタイル。

人と人のつながりが希薄になったとか、コミュニティが衰退したとかが社会問題とされていて、インターネットの普及がその要因のひとつとされています。
もちろん社会問題に挙げられている以上は、社会の一員として真伨に考える必要があります。
ただ、インターネットによってカタチが変わって進化したことがあるので、本当に社会問題なのかどうかを、 きちんと1人ひとりが考えるようになることの方がよっぽど重要なのでは?とも考えています。
と、いうのも、人対人のリアルなコミュニティは間違いなく存在しているし、情報のやり取りもメールやLINEや様々なSNSを通じてむしろどんどん頻繁になっているので、 問題だと言われてもピンとこないというのが本音だったりしています。
つまり、これまでは地域や業種や年代だったり、自分が育った環境近辺のコミュニティでしか自分の居場所を選べなかったのが、 インターネットによってコミュニティの選択肢が増えて、自分のライフスタイルや価値観でコミュニティを選ぶようになったのだと考えています。
そしてそれらはBFChannelのページでもお伝えさせていただきましたが、インターネット検索という行動から情報を探す人が増えていることは、利用人数(※参照)を鑑みても明らかだと考えています。

だから「キーワード」が大切だということ。
「キーワード」でつながった発信側と受信側の関係性を深くする。

情報発信側としてインターネットでつなげたいモノは、シチュエーションにおいて、商品であったり人であったり企業であったり、それぞれ違うかと思います。
ただ、情報受信側に買ってもらうとか、コンタクトをするという行動を選択してもらうために、情報発信側がやらなければいけない共通なことがあります。
それは、その「キーワード」は他とどう違うのか、その先に何を得ることができるかということがきちんと表現されているかということです。
これまでのSEO対策は、Google、Yahoo!などの検索エンジンアルゴリズムを解析した仮説をテクニカルサービスとして提供されてきました。
その結果パンダアップデートとか、ペンギンアップデートなどに振り回されたり、ペナルティが課せられることに恐怖しないといけなかったりしていました。
つまり、もうテクニカルなSEO対策をする時代は終わったものだと切り替えるべきなのです。
その「キーワード」に適した質の高いコンテンツをちゃんとつくり、常に堂々とアップデートしていけば良いのです。
それに伴い、もしかすると利益を出せていたWebサイトにコストがかかってしまい採算が合いにくくなってくるモノもあるのでしょうけど、 検索エンジンからの流員を考えている他のWebサイトも同様に採算が合いにくくなってくるのであれば、全体として値上げせざるを得なくなってくるでしょうし、 なんとなく安売りイメージが定着しているインターネットの世界から適正価格へのインフラが起こってくるのかもしれません。

これからのインターネット集客を考えるならコンテンツで勝負。
ユーザーにとって有益な情報であることを堂々と発信し続けること。

先にも述べさせていただいたように、インターネット集客の中でもSEO対策はテクニックで上位表示できる時代ではありません。
とはいえ、アクセス数が伸びても相場や金額を気にしなくても良いSEO対策は、売上向上や見込み客を確保するために魅力的なことであることは違いありません。
であれば成すべきことはひとつです。
「キーワード」に基づいたユーザーにとって有益な情報を発信し続けるだけです。
見ればわかるとか、話せばわかるという次元ではなく、ユーザーの目線に立ってサービスを提供する側が精一杯できることを伝え、 選んでもらうための努力をし続けることこそが、最大のSEO対策になるのです。
他社のモノマネなんかじゃなく、ちゃんと自社の強みを自分たちの言葉で伝えるコンテンツをつくり、それを発信して拡散するための努力をし続けることを、 これからのインターネット集客の基本にしなくてはいけないのです。
いわゆるリスティング広告(キーワード連動型広告)は拡散するための手法の1つであって、ランディングページ最適化も手法の1つだと私たちは考えています。
であるからこそ、本来のユーザーに何らかのアクションをしてもらうためには、 コストがかかったとしてもユーザーのためのコンテンツをつくることに注力すべきだというのが私たちのインターネット集客戦略です。
インターネットの世界はユーザーのためになるWebサイトになればなるほど、集客にしろ売上向上にしろ成果が期待でき、 本来の目的が達成できるフェアな世界へと進化し続けているのです。

これからのインターネット集客の軸

「ユーザーにとって有益であること」

ビートフリークスのインターネット集客戦略フロー

「誰」にとって有益な情報なのかを明確にする

インターネットで情報を届けたい人、またはつながりたい人は「誰」なのかを具体的に策定していきます。
つまり、心を動かしたい人を明確にして、以後のキーワードやコンテンツを策定していくにあたり、全てのジャッジメント基準としていく大切なステップです。

「誰」はどんなキーワードで検索をしているのか仮説をたてる

情報を取得しようとしている「誰」とつながる最適なキーワードが何なのかを実際に検索をして絞り込んでいきます。
基本的には競合他社が数多くランクインしていたり、リスティング広告(キーワード連動型広告)が賑わっているかどうかは参考になりますが、 つながりたい「誰」が実数でどれくらい存在していて、どれくらいの頻度で検索されているのかは、使うツールによって差があるため、予測値・参考値としておくのが良いかと思います。
それらを参考にした上で、複数有力なキーワードを挙げて、その中で最も主となるキーワードを選定していきます。

「誰」が知りたいことは「何」なのかを明確にする

主となるキーワードを選定したあとは、「誰」とした検索ユーザーが、そのキーワードから「何」を得ることで、探していた情報だと認識してくれるのかを考察します。
もちろん競合他社が出している情報も参考にはなるのですが、まずは届けたい情報(商品)が「誰」にとってどんな有益なモノであるのかという視点で考えて、箇条書きで掲載内容をリストアップすることがオススメです。
なぜならば、他を参考にしてしまうと固定概念が生まれやすく、自由な発想や表現の妨げになることがあるからです。
よってまずは自分たちの考えをちゃんと自分たちの言葉でリストアップして、その内容を基に競合他社とどんな違いがあるかを考察する方が、コンテンツにオリジナリティーと深さが出ると考えています。

「誰」の「こころ」を動かすコンテンツを作成する

キーワードでつながった「誰」に、探していた情報(商品)であることを認識してもらえたら、次は「誰」がどういう真理状況になればアクションしてもらえるかの仮説をたてていきます。
キャッチコピーや写真やデザインは、この仮説である「こころ」の動きフローチャートを設計した後で詰めていきます。
この「こころ」の動きフローチャートをしっかりと意識することで、集客が成功しているにも関わらず「誰」にアクションしてもらえない場合に、どうすれば改善することができるか、現状の問題点として疑う箇所とすることができます。
集客が成功したあとは、コンテンツが「誰」にちゃんとアクションしてもらえるようになるまで、何度も何度も調整して最適化していきます。

市場を決め、コンテンツを拡散して集客開始

主軸キーワードのSEO対策だけで勝負するのか、複数の有力キーワードを含めたリスティング(キーワード連動型広告)までやるのか、 それとも楽天などのモールで販売されている広告やSNS広告を含めた広告や動画も取り入れるのかと、集客したい「誰」がいる市場を集客目標値に合わせて選定していきます。
当然市場を広めれば広めた分だけ集客コストは必要になりますが、いずれの広告も集客効果は比較的早く現れるため、早く手応えを掴みたい場合や、 予算をかけられる場合には市場は広く考えていただいた方が、コンテンツの最適化も早くできるため、結果として費用対効果としては高くなることは多いです。

実施検証と調整をひたすら繰り返して最適化

「誰」のアクションとなるコンバージョン成果を集客とコンテンツの両方の成果から検証していきます。
主軸キーワードのSEO対策のランクインが弱いようであれば、コンテンツの補充・拡充を行ったり、広告も拡充や継続をするかどうか、 目標値は開始前のままで良いのかどうかなど、実施してみてわかることから、STEP1からSTEP5までをひたすら繰り返し検証してそれぞれを最適化し、 損益分岐点を明確にして、今後の運用計画を競合他社の状況も鑑みながら作成していきます。

インターネット集客は検索市場があれば熱意で実現できるし、
その気になれば検索市場さえもつくることは可能です。
答えがちゃんとあるのがインターネットなので、諦めない熱意が最も肝心です。

このサービスをご利用の方は、
このようなことでご相談いただいています。
  • Webサイト作成・システム構築

    参考価格  30万円~

    ※コンテンツ作成・プランニングに関する参考価格となります。

    ※Webサイト作成・システム構築の際には別途デザイン・コーディング費などが必要となります。

  • Webサイト運用・集客・販売計画

    参考価格 3万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

  • 多言語対応Webサイト作成・システム構築

    参考価格 100万円~

    ※2言語コンテンツ作成・プランニングに関する参考価格となります。

    ※Webサイト作成・システム構築の際には別途デザイン・コーディング費などが必要となります。

  • 多言語対応Webサイト運用・集客・販売計画

    参考価格 10万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

  • 多言語対応SEO対策

    参考価格 5万円~/月額

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。

  • 自社広報・Webサイト担当者育成

    参考価格 5千円~/1時間

    ※サイト規模によっては初期調査費用が必要となります。

    ※ご要望いただく内容によって費用を調整させていただきます。


PRワンクリックで自社コンテンツが増えて集客までしてくれるニュースキュレーションを導入して差をつけよう!

ビートフリークスのニュースキュレーション導入サービス。 設置費用10万円(税抜)、月額4,980円(税抜)~。

今なら10日間お試し無料!2月末まで 業者選びのコンシェルジュアイミツ

CONTENTS

MESSAGE

どんなに便利で豊かな時代になっても、
無くしちゃいけないものがある。

And even in the prosperous era no matter how convenient,
there are things that must not be lost.

PageTop